HOME » 外壁リフォーム » ハッピーエンドシリーズ 商品の特徴 » 9つの特性

強く美しい住まいづくり

ハッピーエンドシリーズ9つの特性

住む人をやさしく包み込む「ハッピーエンドシリーズ」

断熱性
外装材の断熱性は、寒暖の変化が大きい日本にとって重要な性能です。
「ハッピーエンドシリーズ」は、裏打ち材に熱伝導率の小さい硬質プラスチックフォームを採用。夏は涼しく冬は温かい省エネルギー設計で、高い断熱性能を発揮します。
既存の外壁の上に施工するリフォームの場合は、さらに断熱効果がアップします。
耐震性
地震の際に建物に大きな負担をかける原因の一つは、外装材の重量です。
「ハッピーエンドシリーズ」は軽量構造である上に、片側はめ込み式と片側のみの釘打ちを採用。揺れに対して無理な負担がかからず変形に柔軟に対応できるほか、ひび割れや脱落などに強い構造となっています。
経済性
施工が容易な「ハッピーエンドシリーズ」は、人数も日数も抑えられるため建設費の削減が可能です。
高品質な特殊塗料による塗装で、雨や汚れも落ちやすく、水洗いもOK。剥離やひび割れがなく、張り替えも長期不要です。維持管理が簡単なため、改修コストの面でもお得です。
施工性
軽量構造で取り付けが容易なため、作業効率のアップにつながり、取り付け後の塗装や吹き付けも不要。特に既存の外壁の上に施工するリフォームは、住替え不要で工期も短縮されるため、居住者やご近所への負担を軽減できます。
また加工性にも優れ、様々な形状の建物に対応できます。
遮音性
芯材につめられた硬質発泡ウレタンの細かい気泡が、車や工場の騒音などを吸収します。
サイディングと9.5mm石膏ボードを組合わせた通常構造による施工では、特に周波数が高い地域(500~4000Hz)で遮音性能を発揮します。また、既存壁の上に施工するため、遮音性がより一層高まります。
耐凍害性
「ハッピーエンドシリーズ」は、芯材に水分吸収の少ない硬質プラスチックフォームを採用。外壁材に湿気が侵入し、凍結と融解を繰り返すことで基材の劣化を進行させる凍害を防止し、寒冷地でも安心してご利用になれます。
環境性
「ハッピーエンドシリーズ」では、環境に配慮したノンフロンを採用した硬質プラスチックフォームを使用。また、リフォームなどの際は既存の壁に重ねて施工するので解体が不要なため、廃材の発生を減らします。
耐食性
アルミ亜鉛合金メッキ鋼板(ガルバリウム鋼板)を使用しているため、アルミニウムの特性である長期にわたる耐久性に加え、亜鉛の特性である優れた防食性も兼ね備えています。
防水性
素材特性に加えて、継ぎ目も防水施工されるため、雨や雪など外部からの水分の侵入をシャットアウトします。
前ページへ:ハッピーエンドシリーズ 商品の特徴
  • 簡易見積もり
  • お問い合わせ
  • 商品ラインナップ
  • HANAタイル
  • 万里
  • レジェンドストーン
  • レジェン大地
  • レジェン大空
  • レジェンウッド
  • 大地
  • 大空 II
  • リンクルJAPAN
このページのトップへ